NEWS
CLOVER news

2016.11.22

髪の毛に良い食べ物

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。 タンパク質が不足すると、髪が細くなったり、弱って

抜けやすくなります。

良質のタンパク質を摂取することが育毛には欠かせません。

また、髪の成長を促すためにはタンパク質だけでなく、ビタミン ミネラルも必要となります。
 
髪の成長や脱毛予防に効果のある栄養素を挙げるならば、タンパク質、鉄、亜鉛、銅、ビタミンB群、

葉酸、ビタミンA C Eなどがありますが、日常の生活でこれらの栄養素を常に意識するのは大変で

す。 そこで「女性のための薄毛対策」では、髪に良い食べ物として「まごわやさしい」をご紹介します。
 
まごわやさしい


大豆などの豆類 (タンパク質、マグネシウム)

ゴマ
ゴマ、ナッツ類 (不飽和脂肪酸、ビタミンE)

わかめ
わかめ、昆布、海苔などの海藻類 (ヨード、カルシウムなどのミネラル)

野菜
野菜や根菜 (βカロチン、ビタミンC)


魚類 (タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛)

椎茸
椎茸などのキノコ類 (ビタミンD、食物繊維)

いも
じゃがいも、さつまいもなどのイモ類 (食物繊維、炭水化物)
 
「まごわやさしい」は、ビタミン ミネラルなどの栄養素が豊富に含まれる体に良い食材を、覚えやすいようにしたものです。
髪も体の一部ですから、「髪に良い食べ物 = 体に良い食べ物」です。 良質のタンパク質を中心に、「まごわやさしい」を意識しながらバランスの取れた食生活を心がけましょう。
 
抜け毛が気になる方へ
ビタミンEを含む、ゴマやナッツ類、玄米を摂取するように心がけましょう。
ビタミンEには、細胞の老化を防止し、頭皮の血液循環を良くする働きがあります。
 
髪のパサつきが気になる方へ
鉄分が不足すると髪がパサつきます。
鉄分を多く含む、レバーやほうれん草などを摂取するとともに、鉄分の吸収を助けるビタミンCもしっかりと摂取するように心がけましょう。